2019年01月29日

「平成28年12月定例会議事録」

数田俊樹(決算特別委員会委員長として)

おはようございます。ただいま議長から報告を求められました認第1号及び認第2号「決算の認定について」でありますが、9月27日から28日までの2日間にわたり開催されました決算特別委員会における審査経過と、その結果について概要を御報告申し上げます。
 当委員会に付託されました認第1号及び認第2号の決算認定議案は、平成27年度における一般会計・特別会計及び平塚市病院事業の収支の実績が示されたものであります。
 審査は、都合によりまして、認第2号の病院事業決算の審査を先に行いました。
 質疑の概要でありますが、まず病院経営計画の一部見直しがされたが、27年度はどのようなことに努力をしたのか、その結果や課題について尋ねられておりました。
 また、救急搬送が増加し、病床利用率も改善されているが、どのような取り組みをしたのか尋ねられたのに対し、「病院の救急部長が直接、救急隊を全部回る取り組みをした」と答えられておりました。
 さらに、未収金、貸倒引当金の回収状況などについての質疑がありました。
 その他、アンケート調査の結果、周産期医療や消防と病院との救急ワークステーションの実施状況や成果、紙おむつなどの入院セットの使用状況、看護師不足の対応などについて尋ねられておりました。
 おおむね、以上のような質疑の後、討論はなく、採決を行いましたところ、認第2号の病院事業決算は、本委員会では全員異議なく認定すべきものと決定しております。
 引き続きまして、認第1号の一般会計及び特別会計の決算の審査を行いました。
 初めに、決算全体にかかわる質疑では、経常収支比率や自立的な財政運営についての質疑がありました。
 また、財政健全化の取り組みについて、入りを増やして出を減らしていく全庁的な努力が尋ねられ、「歳入確保については、高額滞納整理班による徴収、不動産公売、ネーミングライツの導入などを進め、歳出の削減については、保育園の代替施設の民間整備、複数のシステムを1つにまとめるサーバー集約事業などを行った」と答えられておりました。
 また、一般会計収入未済額が約35億円あるが、これに対する評価について尋ねられておりました。
 さらに、不用額約35億円について、どのような検証が行われたのか、その特徴についての見解を問われておりました。
 続いて、一般会計の歳出から順次審査が行われました。
 1款議会費では、質疑はありませんでした。
 次に、2款総務費です。一般管理費の職員研修事業では、予算が毎年削減されている理由と研修の効果についての質疑がありました。
 文書広報費の視聴覚広報推進事業では、全国移住ナビ公開用のプロモーション動画の製作費や内容、再生回数などについて尋ねられておりました。
 また、施策やイベントなど、平塚市の魅力発信をどのように進めたのか問われておりました。
 企画費の次期平塚市総合計画策定事業では、以前の総合計画の検証をどのように生かして「平塚市総合計画〜ひらつかNexT(ネクスト)〜」につなげていったのか、また、総合戦略の策定の中につなげていったのか問われておりました。
 防災対策費の地震・津波防災対策事業では、被災された方の罹災証明書の発行を速やかに行うための被災者支援システムの導入について、27年度の検討状況はどうだったのか問われておりました。
 次に、3款民生費です。社会福祉総務費の成年後見制度推進事業では、委託料の内訳と市民後見人養成講座の受講者数について尋ねられておりました。
 青少年育成費のジュニア・リーダー育成事業では、ジュニア・リーダーズクラブに加入している子どもたちが、27年度に地域で果たした役割について問われておりました。
 市民活動推進費の地域自治推進事業では、地域課題解決推進事業交付金の目的について尋ねられておりました。
 また、地域情報局を開設していない地区に対する働きかけと既存の情報局に対するフォローについて質疑がありました。
 児童福祉費では、特別保育拡充事業の執行額が大きく減少した理由を尋ねられるとともに、民間保育所助成事業の執行額が減少した理由も問われておりました。
 次に、4款衛生費です。予防費では、母子保健事業の「こんにちは赤ちゃん訪問」について、訪問時の相談内容や保健師の人材確保に対する考え方などが尋ねられておりました。
 食育推進事業では、食育推進計画の改定内容の質疑があり、健康増進事業では、がん検診の受診率向上の取り組み状況などについて質疑がありました。
 環境政策費では、環境マネジメントシステム運用管理事業のエコモードの取り組みについて、用紙使用量が大きく増加した理由や、これまでの目標設定に対する考え方や基準の再検討について見解を問われておりました。
 また、動物愛護推進事業における地域猫の取り組みについて、不妊去勢だけではない、飼い方の啓発について、27年度の活動内容を尋ねられたのに対し、「本市のウエブサイトにて、終生飼養、飼い主の責任についての啓発を掲載している。また猫については、市民団体と協力して、地域で猫に困ったときの相談先となっている、それ以外にも小学校での動物愛護教室というものも開催している」と答えられておりました。
 その他、環境政策費に含まれる補償・補填及び賠償金について、発生の経緯や金額の算定根拠などが問われておりました。
 清掃費では、大型生ごみ処理機設置モデル事業で、モデル事業として5年間実施してきたが、検証結果と他地域への普及が難しいと判断した検証結果について尋ねられておりました。
 その他、ごみ処理広域化推進事業について、事業費の内訳や剪定枝資源化施設の処理実績などについての質疑がありました。
 次に、5款労働費です。就労支援事業について、就労支援セミナーの参加者数や企業とのマッチングの成果について質疑がありました。
 そのほか、介護職の人材確保についての支援などについても尋ねられておりました。
 続いて、6款農林水産業費です。農業振興費の農作物鳥獣被害対策事業について、27年度から設置された平塚市鳥獣被害対策実施隊の取り組み内容や成果、実施隊の設置による捕獲方法への影響、変更などについて質疑がありました。
 次に、7款商工費です。商工業振興費の起業家支援事業では、執行率が50%にとどまったことや27年度は創業まで結びつかなかった要因などについて尋ねられておりました。
 次に、8款土木費です。都市計画費のまちづくり支援事業では、まちづくりわいわい塾の具体的な取り組み並びに地区まちづくり協議会の勉強会の成果などについて尋ねられておりました。
 また、公園費の生垣設置奨励事業では、戸別訪問に従事する職員の人数や期間を尋ねる質疑があった後、この事業で期待する効果について問われておりました。
 次に、9款消防費です。消防施設費の消防救急無線デジタル化事業では、デジタル化することのメリット、デメリットについての質疑がありました。
 常備消防費の火災予防推進事業と応急手当の普及・啓発事業、住宅密集地等消火体制強化事業の3事業について、27年度は何に力を入れたのか、また、どんな課題が残っているのか尋ねられておりました。
 次に、10款教育費です。教育指導費の英語教育推進事業では、英検受験者数が前年より減少した理由や、英語に対する意識を高める取り組みなどが問われておりました。
 義務教育振興費の児童生徒就学援助事業では、小学校入学前に入学準備の費用を援助する仕組みなどについて尋ねられておりました。
 教育研究所費の学校教育の調査・研究、研修事業では、27年度で終了した道徳教育研究部会の研究成果が問われたのに対し「その成果を教員が研究冊子にまとめ、既に各小中学校や教育機関に配付した。また、今年度の道徳教育の研究教室で前年度の研究成果として発表した」と答えられておりました。
 11款公債費、12款諸支出金、13款予備費、14款災害復旧費では、質疑はありませんでした。
 以上で歳出の審査を終了し、引き続き歳入の審査に入りました。
 歳入では質疑がなく、一般会計の審査は以上で終了し、特別会計の審査に移りました。
 競輪事業特別会計では、全国的に競輪場の入場者数が横ばいか減少傾向の中、平塚競輪場での車券収入、入場者数が増加している理由などが尋ねられておりました。
 そのほか、一般会計への繰出金の基準の有無や、競輪場の今後の修繕計画の考えなどが尋ねられておりました。
 国民健康保険事業特別会計では、滞納による収入未済額が発生する中、滞納繰越等に対する徴収強化の取り組みなどが尋ねられておりました。
 そのほか、保険給付費抑制のための取り組みなどが尋ねられておりました。
 下水道事業特別会計では、下水道業務継続計画策定の目的や概要、平塚市全体として策定している業務継続計画との整合性などが尋ねられておりました。
 そのほか、下水道中期ビジョンにおける市債の減少度合いなどが尋ねられておりました。
 介護保険事業特別会計では、地域包括支援センター増設に向けての状況やセンターで働く職員への研修状況などが尋ねられておりました。
 以上で特別会計の審査を終わり、次に「歳入歳出決算実質収支に関する調書」、「財産に関する調書」については、質疑がありませんでした。
 おおむね以上のような質疑があった後、討論では、「平成27年度平塚市一般会計決算の中には、ツインシティ整備推進事業、マイナンバー制度が含まれているので反対する」という反対の討論がありました。採決をいたしました結果、認第1号「決算の認定について〔平成27年度平塚市一般会計・特別会計決算〕」は、賛成者起立多数により認定すべきものと決定しております。
 以上で決算特別委員会における審査の報告を終わりますので、よろしく御審議のほどお願いいたします。




posted by 数田としき at 2019年01月29日13:31 | 議会報告 | edit | ページの先頭に戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。